白蟻駆除で用いられる薬剤の使い方

薬剤選びがポイント!白蟻退治に効果的な成分を選ぼう

白蟻駆除に必要不可欠な薬剤

スプレー

白蟻を駆除するためには、薬剤を使用しなくてはなりません。白蟻駆除が可能な薬剤には様々な種類が存在します。

ただ薬剤を使えば良い訳ではない


自分で白蟻駆除をしたいのですが、素人でも可能ですか?
白蟻駆除は素人の方でも白蟻に関することや、薬剤の知識を身に着けてからであれば、行うことは可能です。知識がなくてもただ薬剤をかければ良いと思う方もいるでしょう。ですが、一度白蟻や薬剤のことを学んでから白蟻駆除を行うと、より効果的に駆除することができます。どうして知識を付けておかなくてはならないのかというと、実は白蟻には様々な種類がいて、その種類により薬剤の効果が変わります。また、白蟻用の薬剤には人体に悪影響を及ぼす成分が配合されているものもあるのでとても危険です。
自分で行う駆除と業者が行う駆除の違いはなんですか?
自分で行う駆除と業者が行う駆除の違いは、完全駆除ができるかどうかです。自分で行っている人の多くは、駆除しているつもりでも完全に駆除ができていない部分というのがどうしても出てきてしまいます。それに対し我々業者の場合では、今までの経験を基に、見逃してしまいがちな場所もしっかり駆除を行っていくため効果の高い白蟻退治が可能なのです。

ホームセンターで手に入る薬剤の種類

自分で白蟻退治を行う際には、素人でも使える薬剤を使用することになります。下記はホームセンターなどで販売されている一般的な薬剤の種類です。また、プロが白蟻駆除に使用する薬剤の種類とは少し異なるので、注意しておきましょう。

エアゾール剤
エアゾール剤は、白蟻駆除用として最も多く利用されている薬剤の一つです。針のような細いノズルから薬剤を噴射し白蟻を駆除することが可能です。作業としても、スプレーを噴射するだけなのでとても簡単なのです。しかし内容量があまりないので、部分的な白蟻駆除には向いていますが、家全体の駆除や予防には向いていないと言えるでしょう。
液剤
液剤には大きく分けて原液で売られている場合と、既に希釈してあるものが売られている場合があります。どちらも量はたくさんあるので白蟻が自宅周辺に侵入しないための予防に用いることもできて便利です。しかし、液剤を散布するためには散布器が必要となることや、白蟻が逆に家の中に逃げていかないように散布方法を工夫することが必要となります。
粒剤
粒剤は、液剤を顆粒状にしたような薬剤で、こちらも駆除ではなく予防剤としての役割が大きいです。粒剤は、そのまま撒けば白蟻が嫌がる成分が出てきて侵入を防ぐことができます。飛散しないので、家にある植物などに液剤をかけたくないという場合にも便利です。また、匂いも液剤よりは気になりません。ただし、散布作業は手作業で行わなくてはならないので、多少手間がかかります。
ベイト剤
ベイト剤はホウ酸団子のように白蟻に食べさせて殺虫するタイプのものです。ベイト剤に配合されている成分を白蟻が摂取すると、白蟻の脱皮や羽化などの成長を止めることができ、殺虫に繋がります。巣ごと殺虫することができ、しかも哺乳類や鳥類が食べても問題ないことから安全性の高さも優れています。弱点としては、ベイト剤を白蟻に食べさせなくてはならないため、的確なポイントに置くことが重要となります。
TOPボタン